2010年04月21日

<事業仕分け>因縁の対決 ノーベル化学賞・野依氏と(毎日新聞)

 政府の「事業仕分け第2弾」が23日から始まるのを前に、仕分け人の尾立源幸参院議員(民主党)らが19日午前、埼玉県和光市の理化学研究所を視察し、ノーベル化学賞受賞者の野依良治理事長と意見交換した。野依氏は昨秋の「仕分け第1弾」で科学技術関連予算を削減する判定が相次いだ際、「歴史という法廷に立つ覚悟ができているのか」と批判しており「因縁の対決」となったが、話し合いは穏やかに行われた。

 尾立氏が「他(の独立行政法人)と重複がないか、民間に任せられる部分はないかを中心に話をうかがいたい」と述べたのに対し、野依氏は「重要であればあるほどあちこちでやる。競争的に共同しながら進めている」と説明した。一方で「(省庁の)縦割りをぜひ政治主導でコラボレーション(連携)してほしい」と、研究環境の整備を要望した。

 同研究所は、「東京連絡事務所」の運営が、他の独法が置く「東京事務所」の機能と重複する可能性があるなどとして、仕分け対象候補に挙がっている。【影山哲也】

【関連ニュース】
クラゲ展示:ノーベル賞の下村さん、山形県の水族館訪れる
オバマ大統領にノーベル平和賞/1 どこを評価した?
クラゲ展示:ノーベル化学賞の下村さん絶賛、緑色の光「はっきり」 山形の水族館訪問
特集:09年度小学校教科書検定 ノーベル物理学賞受賞者・益川敏英氏
講演:ノーベル賞受賞、スムート教授が来月

暴力団関係を名乗る男、NHKに抗議電話(読売新聞)
日本医師会の新会長が消費税増提案も、出席議員の反対で即撤回(産経新聞)
佐渡で産卵のトキ 抱卵を中断(産経新聞)
西濃運輸のトラック24台、車検切れで運行(読売新聞)
弁護側の精神鑑定申請を却下=小1女児殺害差し戻し審−広島高裁(時事通信)
posted by トキタ セイイチ at 11:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。